ウーマン

仙台を含む全国各地にある美容外科で肌をキレイにしたい

  1. ホーム
  2. ダウンタイムとは

ダウンタイムとは

医者

美容整形後のダウンタイム

仙台などにもある美容外科で、手術をしたら必ずダウンタイムがあるのです。ダウンタイムとは、手術をした直後から、元の生活リズムに戻れるまでの期間を指します。この期間中は、手術によって受けた傷を修復しようと皮膚が頑張って修復しようとしていますので、余計にダメージを与えてしまってはいけません。担当医から処方された薬を使って、ダメージを受けた肌の修復をサポートしましょう。それを行う事で、肌の修復が早くなり、ダウンタイムも思っていた以上に短くできる場合もあるのです。ダウンタイムが短くなればそれだけ、新しい自分を楽しむ事ができるようになります。美容外科で手術を受けた患者さんは、担当医の指導内容に従ってしっかりダウンタイム期間中のアフターケアを行っているのです。実際に、手術を受けた仙台の方でも実行しています。なので、仙台の方の肌はとてもきれいなのです。美容外科で手術を受けたら、必ずアフターケアをこまめに行ないましょう。

ダウンタイムはどの手術でも必ずあります

ダウンタイムは、基本的にどの手術を受けても、必ず付いてくるものです。ダウンタイムの主な症状としては、腫れ・青あざ・赤みなどが挙げられます。よって、「この手術であればダウンタイムは無い」というものはありません。ダウンタイムの期間は、手術の内容や個人差によって異なりますので、数日でダウンタイムが完了する人もいれば、1ヶ月以上かかってしまう人もいるのです。特に、ダウンタイムの期間が長くなるのは、切開法で、切開した範囲が大きい程ダウンタイムが長くなります。なので、ダウンタイムの期間中は必ずアフターケアをしっかり行うようにしましょう。
仙台などに住んでいる方で実際に整形手術を受けた方やインターネット上などで、「整形手術を受けたけれど、ダウンタイムが全然無かった」という口コミを見かける事がありますが、その内容が100パーセント正しいとは限りません。なぜなら、個人差や手術内容、その時の体調などによってダウンタイムが大きく変わるからです。よって、確実にダウンタイムが無いと断言はできませんので、「この人はダウンタイムが無かったのか」と参考程度にしておく方が良いでしょう。

ダウンタイムを短縮させる方法はあるのか

仙台などにもある美容外科では、少しでもダウンタイムを短くできるよう、常に工夫をしているのです。その中でも、ダウンタイムが数日しかない方法として「プチ整形」が挙げられます。プチ整形で使用されるのが、ヒアルロン酸注入やリードファインリフトなどです。ヒアルロン酸注入は、専用の注射機を使ってヒアルロン酸を体内に注入していく方法なので、アフターケアがほとんど無い状態になります。リードファインリフトも、皮膚の上から体内に振動を与えていく方法なので、皮膚が傷ついてしまう心配がまったくありません。その為、美容に関心を持っている仙台に住んでいる方を含む日本全国の方が、美容外科で「プチ整形」を受けているのです。これなら、整形をするたびにダウンタイムを気にしなくても済みます。また、手術後も直ぐに普段の生活を過ごせますので、とても人気があるのです。