ウーマン

仙台を含む全国各地にある美容外科で肌をキレイにしたい

  1. ホーム
  2. 二重の手術方法

二重の手術方法

ドクターとナース

目元にコンプレックスを抱えている人に最適

元々、一重の方が二重に整形する手術方法の中に「埋没法」「切開法」があります。この治療を受ける方のほとんどが、本来の自分の一重にコンプレックスを抱えている場合があるのです。一重だと、目元が小さく、目つきが良くないので、相手に良い印象を与える事が出来ないので、嫌だと答える方が多いと言われています。現代では、二重の方の目元はパッチリしていて、メイク栄えもしますし、明るい印象があります。その為、一重の方は二重に整形をしたいと考えるようです。一重を二重にする整形は、仙台を含む全国各地に設けられている美容外科で受けられますので、コンプレックスを解消する為に、美容外科へ足を運ぶ女性がたくさんいます。仙台に住む女性の中にも、同じように悩みを抱えて美容外科に相談をする方はたくさんいるのです。一重を二重にする手術方法である「埋没法」「切開法」にも、メリットとデメリットがありますので、それぞれを見ていきましょう。仙台を含む全国各地にある美容外科で取り扱っている「埋没法」「切開法」は全て同じ方法となっていますので、参考にしてみて下さい。

「埋没法」とは

二重に整形する方法のひとつで、メスを使わずに行う手術方法です。特に、切開をするのに抵抗を感じる方に選ばれている手術方法になります。この「埋没法」は昭和時代から行われていた美容整形の手術方法で、長い歴史を持っているのです。その為、安全性も保障されていて、更に費用も安く抑えられる事から現代でも人気の高い美容整形方法とも言えます。仙台を含む全国各地にある美容外科で受けられますので、気になる方は一度相談をしに行くと良いでしょう。この「埋没法」は、手術時間も約15分で完了しますので、その日に企画できるというメリットがあります。切開方法と比べてみてもダウンタイムは短いので、直ぐに普通の生活に戻る事ができるのです。しかし、糸を何か所留めるかによって費用が変わりますので、手術を受ける前に、糸を何か所留めるのか、1か所でいくらかかるのかを事前に確認しておきましょう。2か所を留める場合、両目で約6万から9万は掛かります。

「切開法」とは

メスを使って瞼の上を切開し、糸を縫って二重を作る美容整形が「切開法」です。一般的に知られている二重の整形方法でもあります。仙台を含む全国各地にある美容外科でも、この方法が最も多く使用されているようです。メスを使うので、「埋没法」とは違い、一生二重の状態を保つ事ができますので、こちらも人気のある手術方法になります。一度、手術をしたら跡がくっきり残ってしまいますので、修正ができません。また、費用も20万円以上する事もあるので、簡単に整形できないのがデメリットになります。しかし、瞼の厚みに関係なくどんな方でも受けられますし、自分の好きな幅に調整する事ができますので、外人のような幅広い二重にもできるのです。キレイな二重を手に入れたいと考えている方にはメリットだと言えるでしょう。仙台に住んでいる方にも、一生残る二重を手に入れたいと考えている方は「切開法」を選んでいるようです。何度も整形しなくて済みますので、瞼への負担も軽減できます。